「髪を切る」行動関する決意の表れ

11月 14th, 2014

これからバイトをしたいと考えたときに、「面接を受けるまでにちゃんとした身だしなみをしなくちゃ!」と張り切ることがあるでしょう。その一つとして、伸び放題な髪をここぞとばかりにバッサリと切って、今までのモヤモヤとしたものを一気に切り捨て、気持ちの切り替えを図る方が往々にしています。理容店で髪をスッキリ切ってもらうことは、新たな将来に向けての一歩を感じさせる段階なのだという心理なのでしょう。よく、女の人が失恋したときに髪を短くするという話を聞きますが、それは気分の切り替えを見据えた上での行為だといえます。だからこそ、これからバイトに精を出そうとしている方は、髪を切ってもらうことが新たな心の変化に伴う決意の表明だと考えていいのかもしれません。髪は切ってもいずれ元の状態の長さに戻りますが、極端な話ですが、髪を切ることが先の人生の変遷を迎えるという場合もあるでしょう。心理的な働きかけによって、もう後戻りのできない表舞台に立ち向かうことの意味を喚起させているように感じる方もいるのではないでしょうか。このようにして、髪を切るという一つの行為は、その人の生き方そのものを著しく変化させていく一種の願掛け的な要素が秘められていると言えます。ある国では、髪を切った後に重い病気にかかったことから、その後はずっと髪を切らずに生きていこうとした人物もいたくらい、髪に込められる人の想いというのは深いのです。
髪を切るという何気ない行動も、新しいことに挑戦する人にとっては、大きな意味を持つ場合もあるのです。

Leave a Reply